掌編小説『水曜日の午後三時半』

小説

掌編小説『水曜日の午後三時半』

いい女は自分の弱点を知っている。

noteにて絶賛販売中!!

ちらっと立ち読み

 また水曜日になってしもた。いつもこの曜日になると、辛気臭うて頭の中……